プロフィール

愛知県豊川市の看板屋です。

 

企画・デザイン・制作・施工、全ての行程を担当し

お客さまに納得していただける商品をお届け致します。

 

 主張しすぎず、それでいて存在感がある

そんな看板を御提案できるように、日々あれこれ考えています。

 

耐久性のある看板を作るよう心がけておりますが

最近では経年劣化を楽しめる材料も気になっております。

木や鉄などを使用したり

あえて手書き文字にしたり

 

さらにモルタル造形・エイジング塗装を融合することにより

よりお客様のイメージに沿う店舗づくりが可能となります。

 

 

 

 

名称   大場工芸

所在地  〒442-0851 愛知県豊川市野口町新屋敷29番地

tel・fax  0533-86-4902

e-mail  signdazed@gmail.com

創業   1972年

代表者  大場 満

資本金  300万円

古物商  愛知県公安委員会 第543932001500号

事業内容

● 各種看板の企画・制作・施工

● LEDサイン・内照式サイン・ネオンサイン

● 銘板・表札

● ガラス飛散防止フィルム等の施工

● テント・横断幕

● モルタル造形工事

● エイジング塗装

● 建築塗装工事

● 名刺・チラシ・はがき等の印刷物

● Tシャツ・トレーナー等のオリジナルウェアプリント

● アンティーク販売

スタッフ

大場 満

2代目代表・兄

1970年生まれ

主に看板プランの作成と

webやsns関係を管理しています。

 

最近の趣味はアンティークショップ巡りです。

 

武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業後、豊橋と豊川の看板業者で7年間修業を積む。

2001年休業中であった大場工芸を再開。

大場 功

1976年生まれ

主に看板の制作・施工を担当

 

ドラム歴25年

 

 

名古屋学院大学卒業。

2005年5月から就業。

杉原 治雄

まだまだ修行中

1983年生まれ

主に看板の制作・施工を担当

 

車関係に詳しい。

 

趣味はミニカー収集とヤフオク出品です。 

 

ラーメン大好き!

ランチはいつも大盛りです

 

2019年から就業。

 


創業者紹介

●大場 博(オオバヒロシ) ・ 大場工芸創業者

●1942年生まれ

●豊川市平尾町出身

●血液型B型
豊川市の看板屋オオギスタジオさんにて修行し、1972年独立。
1989年に脳腫瘍の手術をし、右半身不随に。

闘病生活をしながら、仕事にも復帰し左手で文字を書いたりしてましたが、1992年他界。